かみぞの整体

体と健康: 筆のおもむくまま

体・健康・食べ物などについていろいろと書いています。

2006|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2007|02|

2006-06-03

_ 機械のようなからだ

人間の体の不思議なところは、機械のように使うと段々と機械のようになっていくというところです。

走るという動作は足で地面を蹴ってと表現しますが、足の筋力を使って、地面を後ろに強く押す事で前に進むというイメージで走るのを繰り返していていると、どんどん足裏が硬くなってきます。

足裏だけでなく全身が硬くなってきます。

体操の森末慎二さんが以前、調子の良いときは、足の指全部で床をつかんでいる感じがあったとおっしゃっていたことがあったかと思いますが、からだがうまく使えているとき、足裏ですら吸い付くようなやわらかい感じがあります。

物理法則に逆らっているわけではないのでしょうけれど、機械というイメージではうまく動くことができないところに体の不思議さを感じます。

ネギをきざむのも、マシンのようにダダダタダッというようにきざむよりも、昔ながらの、トントントン・トントントンの方が簡単で速いのが面白いと思うところです。


2006-06-04

_ 閉じたままの踏切

昨日は事故の影響で京王線が一時間以上止まったけれど、近所の踏切はずーっと閉まったままになっていた。

踏切の付近には、運転再開のアナウンスがあるわけではないけれど、いつまでも踏切がしまったままだと、次第に踏切を強行突破するひとが出てくる。歩行者、自転車。

いつ運転再開になるかもわからないままにすこし足の不自由な人までも踏切を強行突破する。

パソコンの警告メッセージもそうだけれども、遮断機も降りているのが当り前だと思えば、強行突破も段々とあたりまえになってくる。

京王電鉄にも各ふみきりに人を派遣する余裕はないのだろうけれど、この状態はちょっと恐い。

そういえば昔は踏切の近所の人が連絡係のようになっていて、踏み切りに名前が書いてあった。国鉄の時代の、宮崎の話ですが。

今回、そんな状況を放っておけなかったある女性が、誘導係のような事をやってくださっていて、

「あっちにいけばガードがあるから」

などと説明をされていた。


2006-06-18

_ ツボにはまる

普段、京王線を利用することが多いのですが、京王マナー川柳(第28回テーマ「乗降の迷惑」(http://www.keio.co.jp/joy/manner/update/top01.html))というのが今、電車のドア付近に張ってあるのですが、

この第28回最優秀作品の「降りてくだサイ」のところ、「おりてください」と、言っている「サイ」というのが、自分的にツボです。

サイなのに、なぜか「おりてください」と言っているあたりが、なんとなく、です。


2006-06-23

_ ことばのおもしろさ

からだの中には「くび」と付くところが何カ所かあります。

手首・足首・首・腰(首)

これらは全部、回転できるところです。

ひじ、ひざには、首とついてません。

ついでに「くびれて」もいません。

最初に言葉を考えた人は本当にすごいと思います。


2006-06-27

_ 肘の故障

熱烈な野球好きではないけれど、アメリカで応援ソングまでつくられた野茂選手は気になる選手です。野球クラブを作ったりとなんだかお父さん的なイメージ(関係ないですが、なにかの番組でラッキイ池田さんに振りをつけてもらっていたような事もありました。)

今年は肘の故障で活躍がみられなさそうというのが残念。

体に関係した仕事をしていると、気にしていた選手が故障ということになると、じっとしてはいられない気持ちになります。

専門家による「肘のクリーニングの治療」を受けているそうですから、私ができる事はなにも無いのですが、少年野球などで肘を痛める場合に、

どういう風にして痛めてしまうのかを少し書きます。

もちろん、今回の野茂選手の肘には当てはまらないかもしれません。

部活動などで肘を痛めてしまう場合、原因の多くが、練習のしすぎです。

スポーツが得意な人は体が柔らかいので、本来、故障しません。

足首をねじったようになっても、捻挫にはならず、なにもなかったかのようにそのまま動けます。

練習をしすぎると、そんな体の柔らかい人も、体が硬直してきます。

そんな体の硬直した状態で、投球練習をやりすぎてしまうと、胴体が硬いために、腕に頼って投げるような状態になります。

これとおなじような状態は、捻挫などが治っていないのに練習したときにもおこります。

体がまだ怪我をかばっている状態なのに、練習をすると、どうしても、かばいながら体を使うことになってしまい、本来使う必要のない筋肉を硬直させる事になってしまいます。

蛇足ですが、食べてすぐ運動しても、似たような状態になります。

それで、肘が痛いという人が来ても、腰の様子をみています。

説明しても納得してもらえないことが多いので、「だまされたと思って」といって、腰の体操を指導しているような状態です。

年齢も近いので、野茂選手を勝手に応援しています。ぜひまた活躍してください。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ Diesel [<a href= http://caskofamontilladoanalysis.samecool.info/ >..]


2006-06-28

_ キャッチボール

昨日の続きのような感じですが。

野球の練習で一番体によさそうに感じるのは、キャッチボールです。

特に、ボールを受け取るときの体の動きが良いです。

ムキになって強力な球を投げる必要はなくて、軽い球を投げ合って、その球を全身で取りに行くような事をするのがとても良い感じです。

からだ全部で一つの事を協力してやっている感じです。



<< 2006/06/ 1 2 3 1. 機械のようなからだ
4 1. 閉じたままの踏切
5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 1. ツボにはまる
19 20 21 22 23 1. ことばのおもしろさ
24 25 26 27 1. 肘の故障
28 1. キャッチボール
29 30 >>

2006-06-28

キャッチボール

2006-06-27

肘の故障

2006-06-23

ことばのおもしろさ

2006-06-18

ツボにはまる

2006-06-04

閉じたままの踏切

2006-06-03

機械のようなからだ
トップ 最新 追記