かみぞの整体

筆のおもむくまま

感じている事などを、なんとなく書いているページです。無保証です。

2006|02|03|

2006-02-02

_ 病気がちな現代人

最近は病気の種類も増え、みんな半病人だという意見もあり、その理由として、生活習慣の変化と健康を害する物質の増加など環境の変化があげられているけれど、「体の動き」という面から。

かつては親の仕事を子が受け継ぐというのは当たり前で、核家族化が進む前は、親子二代の仕事をさらに孫が見つめるといったような状況もありました。

長い間の熟練で得た要領やコツといったものが、毎日の暮らしの中に生きていて、何気ない事が全部、その仕事を上手にやり遂げる事につながっていたのではないかと思います。

仕事に限定しなくても、毎日の起きてから寝るまでのあたりまえの所作、習慣、ふるまい。文字には残っていないけれど、なにかずーっと代々やってきて、徐々に時代に合わせて変化しつつも、しらずしらず受け継がれ、伝えてきた。それを日々いつのまにか影響を受けて、いつのまにか、また伝えて来ていたのでは。と思うのです。

「言葉」だけの正否を言えば、年寄りの言うことよりも、教科書の方が正しいのかも知れない。けれど、「感覚」とか、なにか、言葉に出来ないようなものが、教科書では伝わらない。伝統芸能や、伝統工芸だけでなく、「生活」も、受け継ぐのではないかと。

「現代風生活」では、そういう受け継いできたものがないから、大変なんではないかなぁ。

_ 整体の学校

整体で開業したけれど、治療する側が病気になって、仕事続けられなくなってしまうという話が実はとても多いらしい。

どんな療法にせよ、自分自身の健康管理法まで、教えてくれるところで勉強する方が良いと思います。

習っているうちに、どんどん、先生の元気と楽しさが伝わってくるようなのが、よい学校だと思います。

よく考えたら、整体の学校に限らない話かもしれません。

なにかの番組で、楠田枝里子さんが、中学生ぐらいの頃の体験談をされていて、

学校の先生で、本当に理科が好きでたまらなくて、授業中、どんどん自分の好きな事についてしゃべっていて、子供たちは何を話しているのか全然わからないんだけど、「こんなにも人を夢中にさせるものがあるんだ」というのは伝わる。

というお話をされていました。学校ってそういうものかも。



<< 2006/02/ 1 2 1. 病気がちな現代人
2. 整体の学校
3 1. つられてしまう
4 1. 若がえりの術
5 6 7 1. やりすぎ腹筋運動
8 9 1. 「○○に効くツボ教えてください。」
2. 腰痛が遺伝する?
10 11 12 13 1. ○○に効果がある食べ物!?
14 15 16 17 18 19 20 21 1. 一日一万歩
2. 部活動
22 1. 春のダイエット
23 24 25 26 27 28 >>
トップ 最新 次の日記(2006-02-03)» 編集

2006-02-22

春のダイエット

2006-02-21

一日一万歩
部活動

2006-02-13

○○に効果がある食べ物!?

2006-02-09

「○○に効くツボ教えてください。」
腰痛が遺伝する?

2006-02-07

やりすぎ腹筋運動

2006-02-04

若がえりの術

2006-02-03

つられてしまう

2006-02-02

病気がちな現代人
整体の学校